One Shot Gallery


滝谷慈光寺の三十三石仏(旧村松町)

 新潟の古刹で樹齢300年を超す杉が立ち並ぶ奥に慈光寺があります。門前の地域は銀杏がたくさん植えられてギンナンの里と謳い銀杏の木をあちこちで見ることができます。その昔この地域では米があまり取れずに、ギンナンを食用に利用しようと各家で銀杏の木を植えたからだと言われているそうです。
 そんなお寺の参道に西国三十三観音石仏が建立されています。こちらの観音像は憤怒相である馬頭観音以外は切れ長の目をして優しそうなお顔をしています。一体一体、正面から向かい合って対話しているような気持ちでシャッターを切りました。ここに掲載していない画像は奥座敷のGalleryにアップしています。


2007/11/29 : あんくるとも