◆ 越後巡礼メニュー ◆

観音霊場のはじまりは
 最も古い観音霊場は西国三十三観音霊場で、現在の八番札所になっている長谷寺の開祖・道明上人の弟子、徳道上人がある日、閻魔大王があらわれて観音霊場を作るようにいわれ、養老2年(718年)に成立したと言われています。

各地にある霊場は
 新潟に限らず全国に霊場巡りは沢山ありますが、全て「西国三十三ヶ所霊場」と「四国八十八ヶ所霊場」の写し霊場となっています。写し霊場とは四国遍路あるいは西国巡礼に出たくても出ることが出来ない人のために作られた地方の霊場のことです。地方の霊場を巡ることによって四国遍路や西国巡礼を巡ったのと同じ御利益があるとされています。



なぜ今巡礼?
 僕自身はきちんと宗教に関して勉強してもいませんし、宗教に対してしっかりとした考えを持っているわけでもありません。ひょんな事から「越後三十三ヶ所観音霊場」を知り、友人の病気をきっかけに一緒に回り始めました。白装束などという格好をするわけでもなく、車で気ままに巡ったわけです。とあるお寺では「若いのにねぇ」と感心がられ、別のお寺では「心がけが悪い」と説教され、なかなか困難な旅でありました。それもそのはずで、信仰心と言うよりもスタンプラリー色が強い巡礼の旅でしたから。33ヶ所は僕等にとってみれば単なるチェックポイントにすぎなかったかもしれない。
 しかし、観音堂を巡っているうちに「こういう事でもしない限り知ることが出来ない街並みや自然」に触れる楽しみを知り今では本当に良かったと実感しています。出来上がった納経軸を眺めるたびに、札所を回ったあの時間が懐かしく思い出されることでしょう。

 小川義昭氏が本の中でこう書いています。

 巡礼はもっとおもしろいものであってもよいのではないか。四国遍路はそもそも他界巡礼だったそうだが、言葉を変えれば、リフレッシュすると言うことだ。日常の世界から札所霊場という非日常の聖域に入り、また日常に戻ってくる旅、これは自己の活性化に他ならない。(「越後二十一ヶ所霊場 弘法大師・心の旅路」新潟日報発行より)

 確かにそんな気もします。でももう少し楽な気持で観光ガイドには紹介されない越後新潟の自然に触れる旅と位置づけてみても良いのではないでしょうか。それだけではなく、すべて巡り終えて出来上がる「納経軸」の素晴らしさに、実は感動し、それを完成させる事が一番の目的であったのかもしれません。

観音像の種類(六観音・七観音)
 札所になっているお寺や観音堂にはいろいろなタイプの観音様が祀られています。どのような観音様がおられるのでしょうか、基本的な観音様をあげてみます。一番基本となるのが聖観世音菩薩(正観世音菩薩)です。聖観音以外は変化観音と呼ばれています。代表的なのが以下の観音様です。

 聖観世音菩薩(正観世音)   一番基本となる観音像   真言 : オン アロリキャ ソワカ
 十一面観世音菩薩  頭上に十一面(又は十面)の顔がある   真言 : オン ロケイジバラ キリク ソワカ
 千手観世音菩薩  千本の手を持つ(実際は25本)  真言 : オン バサラ ダルマ キリク
 如意輪観世音菩薩  右膝を立て、右手を頬にあてている  真言 : オン バラダ ハンドメイ ウン
 真言 : オン ハンドマ シンダ マニ ジンバ ラ ソワカ
 馬頭観世音菩薩  頭上に馬の頭を持ち、怒りの形相をしている   真言 : オン アミリト ドハンバ ウン ハッタ
 准胝観世音  真言宗の六観音のひとつ   真言 : オン シャレイ シャレイ ソンデイ ソワカ
 不空羂索観世音  天台宗の六観音のひとつ  真言 : オン アボキャ ビジャシャ ウン ハッタ

 記載した代表的な観音様は六観音(又は七観音)と呼ばれています。六観音は六道思想からきているようです。六道とは 「地獄」 「餓鬼」 「畜生」 「修羅」 「人間」 「天上」 の六つ。真言宗では六観音に准胝観音が、天台宗には不空羂索観音に置き換わるのですが、真言宗の准胝観音と天台宗の不空羂索観音を含めて七観音と呼ばれています。



 霊場の三十三という数字は法華経普門品(観音経)にある、観音が三十三の化身になって、救済するという説からきているようです。観音三十三種を列挙しておきます。



三十三の応現身
(写真は角田山稲島登山道の薬師堂にて撮影)
 
楊柳観音(ようりゅう) 龍頭観音(りゅうず) 持経観音(じきょう)
円光観音(えんこう) 遊戯観音(ゆげ) 白衣観音(びゃくえ)
蓮臥観音(れんが) 滝見観音(たきみ) 施薬観音(せやく)
魚藍観音(ぎょらん) 徳王観音(とくおう) 水月観音(すいげつ)
一葉観音(いちよう) 青頸観音(しょうぎょう) 威徳観音(いとく)
延命観音(えんめい) 衆宝観音(しゅほう) 岩戸観音(いわと)
能静観音(のうじょう) 阿耨観音(あのく) 阿摩堤観音(あまだい)
葉衣観音(ようえ) 瑠璃観音(るり) 多羅観音(たら)
蛤蜊観音(こうり) 六時観音(ろくじ) 普悲観音(ふひ)
馬郎婦観音(めろうふ) 合掌観音(がっしょう) 一如観音(いちにょ)
不二観音(ふに) 持蓮観音(じれん) 灑水観音(しゃすい)


観音像を含む代表的な仏像
 札所になっているお寺やお堂には観音さま以外にも沢山の仏像を見ることが出来ますね。最初のころはとにかく観音様におまいりして朱印・納経してもらい、急いで次の札所に向かうという、とにかく忙しい回り方をしていました。「あのお寺さんの本尊はなに?」ということも笑い話ではありません。最近はもう少し心にゆとりが出来たのか年齢的なものなのかわかりませんが、観音様以外の仏さまにも目が向くようになってきました。そうなるとどんな仏像があるのか知りたくなり、図書館で本を借りてみたりしてます。せっかくですから代表的な仏像を記載しておくことにしました。以前にも「電脳一葉」で書きましたが、ここにも書くことにします。
 おのおのの仏像の詳しい説明は「古寺巡礼 らくがき庵」さんにとても詳しく載っていますので、そちらをご覧になっていただけると物凄く面白いです。(笑)

如来像(真理に達した人)
盧遮那仏(奈良の大仏・唐招提寺の大仏) 釈迦如来 阿弥陀如来
薬師如来 大日如来(毘盧舎那仏) 阿しゅく如来
(盧遮那仏と廬舎那仏は「しゃ」の漢字が違っています。顕教の大仏様には「遮」を使いますが、密教仏には「舎」を使います。)
菩薩像(悟りを求める人で如来のすぐ手前のほとけ)
観世音菩薩 文殊・普賢菩薩 弥勒菩薩
虚空蔵菩薩 地蔵菩薩 勢至菩薩
日光・月光菩薩    
明王
不動明王(ふどう) 隆三世明王(ごうさんぜ) 大威徳明王(だいいとく)
軍荼利明王(ぐんだり) 金剛夜叉明王(こんごうやしゃ) 愛染明王(あいぜん)
孔雀明王(くじゃく)    
帝釈天(たいしゃく) 梵天(ぼん) 持国天(じこくてん)
増長天(ぞうちょうてん) 多聞天(たもんてん) 広目天(こうもくてん)
毘沙門天(びしゃもんてん) 大黒天(だいこくてん) 弁財天(べんざいてん)
吉祥天(きっしょうてん) 聖天(しょうてん)あるいは観喜天(かんぎてん) 荼吉尼天(だきにてん)
鬼子母神 金剛力士(山門の仁王さま)
(四天王とは持国天、増長天、多聞天、広目天。)
十二神将(眷族として如来を守る)
宮毘羅大将(くびら) 伐折羅大将(ばさら) 迷企羅大将(めいきら)
安底羅大将(あんちら) 末に羅大将(まにら) 珊底羅大将(さんちら)
因達羅大将(いんたら) 婆夷羅大将(ばいら) 魔古羅大将(まこら)
真達羅大将(しんたら) 招杜羅大将(しょうとら) 毘羯羅大将(びから)
祖師像・頂相など
弘法大師(真言宗) 法然上人(浄土宗) 親鸞聖人(浄土真宗)
元三大師(天台宗) 日蓮上人(日蓮宗) 達磨大師
一休禅師 大燈国師 夢窓国師
白隠禅師 沢庵禅師 維摩居士(維摩経)
役行者    
十大弟子(阿羅漢の中核)
舎利弗(しゃりほつ) 目ノ連(もっけんれん) 大迦葉(だいかしょう)
阿那律(あなりつ) 須菩提(しゅぼだい) 迦旃延(かせんねん)
羅ごう羅(らごうら) 阿難陀(あなんだ) 富楼那(ふるな)
優婆り(うばり)