佐渡西国三十三観音霊場巡り

 開創の辞 

 昭和五十七年三月十七日!!
 古い佐渡の歴史にも残っておりました観音堂を中心に、由緒のあるもの、根強い信仰層の深さなどを考慮して、佐渡に西国三十三番を開創致しました。一市九ヶ町村に平均して点在すること、佐渡新四国とだぶらないことにも意を払いました。それは過疎に滅入りそうな島の現状の中で、島の歴史と哀歓を共にして来た庶民の心の砦を絶やしたくない一心でありました。
 昭和五十六年の夏と秋、佐渡新四国開創五十周年を厳修した主役の私にささやかれた啓示にうながされた開創というところ・・・。 (佐渡西国開創委員会事務局発行チラシより抜粋)

開創発願者  田中 茂  


● 佐渡西国三十三観音一覧 

番号 名 称 所在地 本尊
東強清水 両津市東強清水 十一面観世音
逢田観音 畑野町多田 十一面観世音
河内観音 畑野町河内 正観世音
観音寺 赤泊村小熊 正観世音
帰郷観音 赤泊村真浦 正観世音
六句観音 羽茂町仮屋 馬頭観世音
斉藤観音 小木町木の裏 正観世音
宿根木 小木町宿根木 正観世音
小太観音 羽茂町仮屋 馬頭観世音
10 子安観音 羽茂町上山田 正観世音
11 横山観音 赤泊村横山 正観世音
12 豊田観音 真野町豊田 十一面観世音
13 新町観音 真野町新町 正観世音
14 三宮観音 畑野町三宮 千手観世音
15 下新穂 新穂村下新穂 正観世音
16 阿弥陀堂 新穂村島 正観世音
17 火伏観音 両津市旭 千手観世音
18 円慶堂 新穂村青木 千手観世音
19 吾潟観音 両津市吾潟 正観世音
20 久知河内 両津市久知河内 正観世音
21 白瀬観音 両津市白瀬 正観世音
22 見立観音 両津市見立 正観世音
23 布願観音 両津市願 正観世音
24 岩谷観音 相川町岩谷口 正観世音
25 入川観音 相川町入川 千手観世音
26 千佛堂 相川町戸地 正観世音
27 波切観音 相川町小川 正観世音
28 下戸観音 相川町下戸 如意輪観世音
29 治門観音 相川町高瀬 正観世音
30 知空堂 佐和田町田中町 正観世音
31 石田観音 左和田町石田 馬頭観世音
32 本屋敷 金井町本屋敷 正観世音
33 堂林観音 金井町平清水 千手観世音
番外 光善寺 小木町本町 正観世音
番外 稲葉堂 金井町水渡田 馬頭観世音
番外 大浦観音 相川町大浦 正観世音
本部 れんげ寺 両津市城腰 十一面観世音

● 連絡先 

佐渡西国開創委員会事務局
 〒952 両津市湊134 佐渡観光社内
  TEL 0259-27-2485 又は 27-5005 (夜間)23-2708
佐渡西国本部  恋人山れんげ寺 23-2465 又は 23-2390 (専務)
佐渡西国三十三番開創委員会 会長 田中 茂 

● 定例巡拝 

 毎月定期的に巡拝ツアーが行われているようです。巡拝には丸三日かかるので3泊3日又は4泊3日の日数が必要ということです。費用等は平成7年度を例にしますと消費税込みで3泊3日で¥43,500−(佐渡までの費用は別)。4泊になる場合は別に一日分の宿泊費がかかるようです。詳しい内容は上記事務局に問い合わせてください。
 佐渡西国三十三観音に関する詳しい資料も問い合わせると送っていただけるようです。