◆ 初の瓢湖・白鳥撮影 (2006/01/22) ◆


(1)

(2)

(3)

(4)
 太平洋側では大雪で大変な時、新潟は久しぶりの青空を時折のぞかせる両日。白鳥が飛来する湖として有名な旧水原町の瓢湖まで初撮影に出かけました。夜明け前の瓢湖はさすがに寒くて、時折寒風に降雪となる厳しい中で「良い写真をとるためには辛抱だ!」という精神の元にファインダーをのぞきつづけました。遠く五頭連峰にわずかに朝日が輝く(写真1)程度の天候の中たくさんのカメラマン(写真2)は撮影慣れしていると見えて寒さ&雪対策はばっちり。対する僕らは無防備状態で、まずは寒さ&降雪対策から甘かった。
 最初から良い写真など撮れるはずもなく、餌付けの係りの出番を待つ鴨(写真3)のようなビギナーズラック的な写真は撮れませんでした。(苦笑)

 それでも記録媒体の中から無理やり選び出した写真を自分への励みとして載せてみることに・・・・(写真4〜9 (^^;)。
 数年ぶりに(?)夜明け前に起きて行動したのでとても気持ち良かったし、久しぶりに充実した休日を過ごせた気がしました。

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)