安住寺
    悲母三十三観音像


 三十三体が状態良く残っているのだが、まったく残念なことに三十二体のお顔が改刻されている悲運の木喰仏です。唯一馬頭観音だけが改刻を免れ本来の姿を目にすることが出来ます。それでも訪れる価値は十分あります。はじめて訪れた際には境内の手入れがとても良くて驚きました。境内のあちこちにセンス良く石仏が置いてあり石仏好きにはもってこいの場所です。(笑)



メイントップへ  木喰仏一覧へ