寶生寺(木喰堂)
     西国三十三観音像と自刻像

 西国三十三観音のうち三十二体(一体は欠損)と自刻像の三十三体が本道脇の木喰堂に安置されている。 聖観音、十一面、千手、馬頭などさまざまな像種がありますが、なかでも如意輪観音は昭和58年の平凡社から発行された「別冊太陽 木喰の微笑仏」の表紙を飾っている。昭和42年に小千谷の小栗山観音堂とともに新潟県の文化財に指定された。(高橋実著「木喰仏を巡る旅」参考)当寺は越後新四国八十八箇所の67番札所になっています。
 こちらではご朱印の他に3,500−でミニ木喰像が販売され、たいへん人気があるそうです。



メイントップへ  木喰仏一覧へ