柏崎市十王堂
   閻魔大王十王尊賓頭盧尊者

 以前はお堂があったのが中越沖地震が原因で現在は関町会館の中に安置されている。 堂内には閻魔大王と十王尊六体と賓頭盧尊者の八体があり、十王尊三体と葬頭河婆は柏崎市立博物館に寄託されています。寄託とはなっていますが、博物館側で展示物の目玉にしたいと手離されないというのが本当のところのようですが。(笑)
 おビンズルさまのにこやかな笑顔とは対称的にたいへん険しい顔をしているのが印象的です。ガラス越しではなく間近で閻魔大王の迫力ある顔を見ることが出来ます。
 普段は鍵がかかっていますので前もって連絡をしてからお邪魔してください。



メイントップへ  木喰仏一覧へ