講師 : 相田諒二(あいだりょうじ)
1947年 新潟市生まれ(蟹座)
1990年から新潟の街を撮りはじめる。
1995年からは個展 『 A SCENE OF NIIGTA 』 を初開催
2003年 新潟日報 朝刊にて 「街はうたう」 に写真家として参画
2004年 新潟日報の日曜版企画連載 「万代橋と私」 に写真掲載
2008年に出版された石井ゆかりさん著の『 星なしで、ラブレターを 』に写真参画

 その他にも新潟三越の季刊誌 「 mits 」 の表紙写真を2年間担当するなど新潟を中心に活動している。カラーポジフィルムにこだわり新潟の見慣れた風景を相田流に切り撮った作品はポストカードとしても人気が高い。

 同会には平成14年から講師を担当している。



Menu