柏崎市 北条の六面石幢
 柏崎市 普広地の六面石幢

 柏崎市北条の普広寺境内に立っている重制の六面石幢。以前は線路の反対側にあった南条の正雲寺のあったものが寺の廃寺になったので、檀家とともに当寺に移されたものではないかと思います。正雲寺は取り壊されて隣接されている刈羽神社のみが残されている状態でした。
 昭和61年に柏崎市の文化財に指定されたようですが、資料によるとこの他にももう一基北条に六面石幢があったと記載されていますが、詳細はわかりません。

 (2012年10月) 



全体像

上部


トップページへ